金沢大学 ナノ生命科学研究所

NanoLSI公開セミナー「多彩な生体情報を可視化する走査型プローブエレクトロスプレーイオン化法の開発」を開催

3月18日、NanoLSI公開セミナーを開催し、本学の学生、研究者ら15名が参加しました。

セミナーでは、大阪大学大学院理学研究科化学専攻の大塚 洋一 先生をお招きし、質量顕微鏡の現状および、ガラスピペットと走査プローブ顕微鏡技術を活用したご自身の研究に関してご紹介いただきました。

講演後には、参加者から様々な質問が寄せられ、闊達な意見交換が行われました。

大塚 洋一 先生

 ページ先頭へ戻る