金沢大学 ナノ生命科学研究所

融合研究の推進

NanoLSIは、ナノ計測学、生命科学、超分子化学、数理計算科学の融合によって、新たな学問領域 「ナノプローブ生命科学」を創成します。

その柱となる、NanoLSIの2つのミッション

1. ナノ内視鏡技術開発

融合:走査型プローブ顕微鏡技術+超分子化学+マルチスケールシミュレーション

細胞の表層や内部のタンパク質や核酸などの動態をナノレベルで直接動画として観察し、分析、操作する技術の確立

2. がん細胞および正常細胞のナノ動態解明

融合:走査型プローブ顕微鏡技術+生命科学+マルチスケールシミュレーション

基本的な細胞機能のナノレベルでの理解と、正常細胞とがん細胞の比較による様々な分子細胞動態の解明

 

融合研究推進の取り組み

NanoLSIでは、設立以来、それぞれの研究分野の研究者が、互いの考え方や視点、方法論を持ち寄り、議論を重ねる中で、相互理解を深めています。各分野が世界をリードする研究を一層進展させるとともに、互いにその知見や研究力を生かすことにより、本研究所で集結したからこそ生まれてくるアイデアを育て発展させたいと考えています。そして、世界唯一の研究拠点として、新たな発見や概念を次々に生み出し、科学技術の進展に繋げていくという循環を創り出したいと考えています。

 ページ先頭へ戻る