金沢大学 ナノ生命科学研究所

金沢大学サテライト・プラザ ミニ講演「ガッテンできる!がんと再生をコントロールする分子の話とベンチャーの挑戦」を開催

10月19日、金沢大学サテライト・プラザ ミニ講演にナノ生命科学研究所(NanoLSI)の松本邦夫教授が登壇し、「ガッテンできる!がんと再生をコントロールする分子の話とベンチャーの挑戦」というテーマで講演を行いました。

松本教授は、身近な例えを用いて細胞が増える仕組みについて分かりやすく説明した後、自身の研究テーマである肝細胞増殖因子(HGF)が、再生医療という好ましい面と、がんの転移という好ましくない面、両面に関わっていることを解説しました。さらに、人の役に立ちたいという強い思いから、基礎研究にとどまらず、創薬ベンチャーを立ち上げたエピソードや、異分野の研究者と協力して研究を行ったことで予期せぬ発見につながったという最新の研究成果を紹介。軽妙な語り口で、高校生を始めとした参加者の興味を惹き付けていました。

 ページ先頭へ戻る