金沢大学 ナノ生命科学研究所

「The 1st NanoLSI International Symposium – Towards Establishment of New Research Field: Nanoprobe Life Science-」を開催

2月21日(水),22日(木)両日に,日本科学未来館(東京)において,ナノ生命科学研究所(NanoLSI)第1回国際シンポジウムを開催し,国内外の研究者を含む約120名が参加しました。
開会にあたり,冒頭,福間剛士所長がNanoLSI設立経緯や拠点構想を述べ,引き続き山崎光悦金沢大学長,磯谷桂介文部科学省研究振興局長及び宇川彰WPIプログラムディレクターによる挨拶が行われました。
引き続き行われたNanoLSI4研究分野(ナノ計測学,生命科学,超分子化学,数理計算科学)による各セッションにおいては,NanoLSI主任研究者による研究発表に加え,各分野における世界トップレベルの招待講演者による講演があり,いずれのセッションも多くの質疑応答が行われました。
また,1日目のセッション終了後のポスターセッションにおいても,NanoLSI研究者のポスターを囲んで,闊達な議論が行われ,本研究所が目指す新学問領域「ナノプローブ生命科学」創出のための融合研究進展に向けた多くの示唆がありました。
2日間を通じ,NanoLSIの4研究分野それぞれの強みを結集し,生命科学における未踏ナノ領域を開拓していくことを強く発信するとともに,本研究所が国際的研究拠点としてのプレゼンスを高めるための第1歩となる好機となり,NanoLSI関係者一同,決意を新たにしました。

Session1 Visualizing structures and dynamics of biological systems

  • High-resolution & 3D atomic force microscopy for visualizing nanobiointerfaces
    福間 剛士教授(NanoLSI)
  • High-speed atomic force microscopy: Visualizing protein molecules in action
    安藤 敏夫教授(NanoLSI)
  • Nanopipette biosensors for single-cell analysis
    Yuri E. Korchev教授(Imperial College London, NanoLSI)

福間 剛士教授

安藤 敏夫教授

Yuri E. Korchev教授

Session2 Computing the structure and dynamics of biological molecules

  • Dynamics of Biological Active Matter at Nanoscales: Theoretical approaches
    Alexander S.Mikhailov教授(Fritz Haber Institute of the Max Planck Society, NanoLSI)
  • Designing molecules and deciphering their biological functions with the aid of computer simulations, dream or reality?
    Mikko Karttunen教授(Western University)

Alexander S.Mikhailov教授

Mikko Karttunen教授

Session3  Dynamic Nanomachines and Nanomedicine

  • Growth Factor Signaling: Dynamics, Cancer, and Drug Discovery
    松本 邦夫教授(NanoLSI)
  • Structures and dynamics of macromolecular motors revealed by electron cryomicroscopy and optical nanophotometry
    難波 啓一教授(大阪大学)
  • Spatiotemporal dynamics of the nuclear nanomachine – the nuclear pore complex
    Richard W. Wong教授(NanoLSI)

松本 邦夫教授

難波 啓一教授

Richard W. Wong教授

Session4  New aspects of supramolecular chemistry

  • Pillar[n]arenes:From simple molecular receptors to bulk supramolecular assemblies
    生越 友樹教授(NanoLSI)
  • Anion recognition: Capture, release, and selectivity in synthetic receptors
    Amar H. Flood教授(Indiana University)
  • Supramolecular Chemistry with Macrocycles
    Mark J. MacLachlan教授(University of British Columbia, NanoLSI)

生越 友樹教授

Amar H. Flood教授

Mark J. MacLachlan教授
 ページ先頭へ戻る