金沢大学 ナノ生命科学研究所

⾦沢⼤学ナノ⽣命科学研究所第2回国際シンポジウム「The 2nd NanoLSI Symposium in London – Towards Establishment of New Research Field: Nanoprobe Life Science-」を開催

11⽉19⽇,ナノ⽣命科学研究所(NanoLSI)は,カンバーランドホテル(イギリス・ロンドン)において,第2回国際シンポジウムを開催し,イギリスをはじめとする海外の研究者を含む53名が参加しました。

本シンポジウムは,インペリアル・カレッジ・ロンドンとの連携を強化し,イギリスおよび欧州近郊の世界トップレベルの研究者との新たな協⼒関係を構築することを目的に開催したもので,世界トップレベル研究拠点(WPI)で初めてとなる海外シンポジウムとなりました。

冒頭の挨拶で,NanoLSIの事務部門⻑補佐である福森義宏⾦沢⼤学副学⻑がNanoLSIの設⽴経緯や拠点構想および今回のシンポジウムの開催目的を説明し,引き続き福間剛⼠NanoLSI所⻑が,NanoLSIの研究と研究者受入れプログラムについて紹介しました。

シンポジウムでは4つのセッションを設け,NanoLSI研究者のほか,世界的に著名な招待講演者による講演を実施しました。いずれのセッションでも活発な質疑応答や意⾒交換があり,新たな知⾒と刺激を受ける貴重な時間となりました。

また,会場ではNanoLSI研究者の研究内容や研究成果を発表するポスターを展⽰しました。参加者はティーブレイクやランチブレイクを利⽤して⾒て回り,各研究者の研究内容について理解を深めていました。

今回のシンポジウムを通して,NanoLSIの4つの研究分野(ナノ計測学,⽣命科学,超分⼦化学,数理計算科学)の強みを紹介するとともに,イギリスの研究者達との交流を深めることができ,有機的な共同研究につながる⼤変有意義な機会となりました。

 

 

 

 

 

 

関連情報:
ナノ生命科学研究所第2回国際シンポジウム
プログラムAbstracts(3.6MB)

 ページ先頭へ戻る