金沢大学 ナノ生命科学研究所

「第4回超分子による革新的マテリアル開発の拠点形成国際シンポジウム」を開催

10月18日,金沢市歌劇座で「第4回超分子による革新的マテリアル開発の拠点形成国際シンポジウム」を開催し,学内外から220名が参加しました。

本シンポジウムは,超分子を用いた高機能個体材料の開発を目指す本学の研究者らが,当該研究の拠点を形成することを目的に開催したもので,国内外から研究者が集まり,研究成果を共有,活発な議論が行われました。

ナノ生命科学研究所の主任研究者である前田勝浩教授や Mark J. MacLachlan教授も講演を行いました。各講演後には参加者から様々な質問や意見が寄せられ,活発な意見交換の場となりました。

Mark J. MacLachlan教授

前田勝浩教授

 

 

 

 

 

 

 

参考:
金沢大学 超然プロジェクト「超分子による革新的マテリアル開発の拠点形成 」

 

 ページ先頭へ戻る