金沢大学 ナノ生命科学研究所

NanoLSI異分野融合セミナー「Computational tools to characterize structure and dynamics of biomolecular systems from single molecule experiments」を開催

5月21日、金沢大学自然科学図書館棟において、NanoLSIによる異分野融合セミナー「Computational tools to characterize structure and dynamics of biomolecular systems from single molecule experiments」を開催しました。

セミナーでは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所及び理化学研究所神戸理化学研究所のProf. Florence Tamaをお招きし、生体分子の単一粒子観察からのデータを処理、解釈するための計算方法についてご説明いただきました。さらに、最新のスーパーコンピューター上の分子動力学シミュレーションと大規模な画像処理アルゴリズムを組み合わせた計算法が、低温電子顕微鏡(cryo-EM)及びX線自由電子レーザー(XFEL)実験から得られたデータからタンパク質の構造的および力学的情報を導き出すために、どのように理化学研究所で利用されているかについてもご紹介いただきました。

続いて、高速原子間力顕微鏡(AFM)を用いた実験において、そのデータを処理し、タンパク質の構造ダイナミクスを再構成するために同様の方法を開発できるかどうかについて、意見交換が行われました。

Dr. Florence Tama

 ページ先頭へ戻る