金沢大学 ナノ生命科学研究所

NanoLSI異分野融合セミナー「Laboratpry Evolution of Synthetic Nucleocapsids」を開催

7月12日(木)、金沢大学がん進展制御研究所4F会議室において、東京大学大学院理学系研究科  特任助教  寺坂尚紘  先生をお招きして、異分野融合セミナーを開催しました。

セミナーでは、「人工ヌクレオカプシドの実験室内進化/Laboratpry Evolution of Synthetic Nucleocapsids」という演題で講演いただきました。ウイルスの起源について、複数の仮説が提案されていますが、講演では、RNAを内包したタンパク質オリゴマー微粒子が段階的に形成・高度化されるプロセスが実験的に再現されることが紹介されました。異分野融合研究の面白さが感じられ、大変有意義なセミナーとなりました。

セミナーには、研究所内外の教職員、大学院生等約22名が参加し、活発な質疑応答や意見交換が行われました。

寺坂 尚紘 先生

 

 

 ページ先頭へ戻る