金沢大学 ナノ生命科学研究所

2022年度 Bio-SPM技術共同研究課題募集を開始しました!!

金沢大学WPI-NanoLSI 2022年度 Bio-SPM技術共同研究課題募集のお知らせ

金沢大学では、超解像AFM(FM-AFM及び3D-AFM)、高速AFM、走査型イオン伝導顕微鏡(SICM)といった独創的なBio-SPM技術を世界に先駆けて開発し、生命科学に応用してきました。

金沢大学WPI-NanoLSIにおいては、個々の大学や研究機関の枠を超えて、これらのBio-SPM技術を利用した共同研究を推進することで、ナノ生命科学の発展に貢献することも目標に掲げています。

本事業で募集するのは、これらの装置を利用して、所内の受け入れ教員の協力を得ながら、申請者が自ら行う研究課題です。ただし、上記装置に限らず、本拠点が保有するBio-SPM技術付帯設備を利用するのも含みます。

詳しくはこちらをご覧ください。

【公募情報】2022年度 Bio-SPM技術共同研究課題の募集について

 

 ページ先頭へ戻る