金沢大学 ナノ生命科学研究所

特任助教(常勤・任期付)【生物物理学】(金沢大学・ナノ生命科学研究所)

金沢大学・ナノ生命科学研究所では特任助教(常勤)を募集しています。なお,応募者は,細胞内タンパク質の動的プロセスを観察するために,HS-AFM及びHS-SICMを含む高速ナノプローブ技術を適用する先端的プロジェクトを進展させることが求められます。

研究計画

生物物理学研究室(http://biophys.w3.kanazawa-u.ac.jp/index.htm)は,他の方法では達成することができない,タンパク質分子の動的作用における直接的な機構的洞察を得るためのHS-AFM及びHS-SICMのイメージング技術を開発してきました。HS-AFMもまた生細胞の細胞膜で起こる動的プロセスをイメージする有力なツールとして新たに出現しました。しかしながら,細胞内タンパク質ダイナミクスの調査には,ナノ内視鏡が高解像度画像を得るために細胞内に挿入される前に,部分的,もしくは全体的に細胞膜除去する必要があります。さらに,細胞組織はそのほとんどが,固形支持体に置かれている精製タンパク質サンプルに比べ柔らかく,それ故,SICMに挙げられるような,特に柔らかい物に適したイメージング技術が必要となります。本プロジェクトでは,生理的条件を保持し,細胞内タンパク質複合体の機能を維持している間,高速走査において細胞内小器官を露出させるために,何種類かの界面活性剤による繊細な細胞力学デルーフィング法を組み合わせます。すべてのデルーフィング処置は,細胞の損傷を確実に最小限にとどめるために,新3Dラベルフリーホログラフィー顕微鏡だけでなく光学顕微鏡検査法を用いて綿密に監視されます。応募者には,後述のいずれかもしくは全てに貢献することが期待されます。1. 哺乳動物細胞から機能タンパク質複合体及び細胞内小器官を準備すること。2. HS-AFMやHS-SICMを用いた露出した細胞小器官のイメージング。3.開発技術の精査・改良。4. SICMプローブの高解像度画像への開発。

ホスト機関:ナノ生命科学研究所は2017年にJSPSのWorld Premier International Research Center Initiative (WPI)事業に採択されました。ナノ生命科学研究所では,タンパク質,代謝物質及び核酸の細胞表面及び内部のナノダイナミクスをイメージング,分析そして操作するために,世界の最先端技術をバイオ走査型プローブ顕微鏡に組み込みます。この方法にて,増殖,分化,幹細胞性,シグナル伝達,ゲノムダイナミクス,そしてがん特有の異常といった細胞の基礎機能の根底にあるナノレベルのメカニズムの基礎的理解を達成することを目的としています。プロジェクト全体の目的については,こちらを参照ください。https://nanolsi.kanazawa-u.ac.jp/en/

応募資格

(1)生物物理学,分子生物学,生化学,細胞生物学,工学のいずれか,もしくは関連のある分野の博士の学位を有していること
(2)AFMまたはSICMを使った経験のある方が望ましい
(3)自発的であり,かつ多くの専門分野が集まる研究チームの中で研究ができること
(4)充分な英語によるコミュニケーション能力を有すること

募集期間

2019年6月30日必着

着任時期

2019年8月1日以降のできるだけ早い日

契約内容

常勤(任期あり(3年))雇用期間満了後,更新の可能性有り。

<給与>年俸換算:本給420万円+特別拠点⼿当132万円以上

特別拠点手当の額は採用後の業績・評価により変動します。

スタートアップ研究経費として初年度100万円を措置する予定。

応募方法

以下の応募書類をeメールにてClemens Franz (clemens.franz@staff.kanazawa-u.ac.jp)宛てにタイトルに「ナノ生命科学研究所特任助教(Franz)」と入力し,お送りください。

<応募書類>

①履歴書(写真添付)

②研究業績(学位論文,査読付論文,学会発表,その他の関連業績)

③主要論文の別刷のPDFデータ(3編以内)

④外部資金の獲得状況(期間,資金名,教育/研究課題名,金額)

⑤研究に対する抱負

⑥スキル及びこれまでの研究活動(教育活動についてもあれば(必須ではない)

⑦2名の科学者からの推薦書(以前の所属機関の指導教員を含む)

  • 面接に伴う交通費等選考にかかる費用は自己負担となります。

備考

(1)就業規則に関する規程については,下記URLをご覧ください。

http://www.kanazawa-u.ac.jp/university/administration/regulation/rules

(2)金沢大学では男女共同参画を推進しています。詳しくは下記URLをご覧ください。

http://cdl.w3.kanazawa-u.ac.jp/

 ページ先頭へ戻る