金沢大学 ナノ生命科学研究所

第10回Bio-SPM夏の学校(旧称:バイオAFM夏の学校)参加者募集のお知らせ

7月18日(月)まで締切を延長します!!

金沢大学ナノ生命科学研究所では、超解像AFM(FM-AFM及び、3D-AFM)、高速AFM、走査型イオン伝導顕微鏡(SICM)といった独創的なBio-SPM技術を世界に先駆けて開発し、生命科学研究への応用を進めています。

これらの先端Bio-SPMを自身の研究で使用してみたい若手研究者や学生の皆様を対象に、ご自身で持ち込んだ試料の観察を実際に体験し、新しい可能性を肌で感じていただくことを目的として、Bio-SPM夏の学校(旧称:バイオAFM夏の学校)を開催します。

Bio-SPMは、超解像AFM、高速AFM、SICMに加え、今年から新たに細胞計測AFMも利用いただけます。これ等の中から、ご自身の目的にあった一つを選択していただきます。詳細は、こちらのWebページの「各Bio-SPM技術の概要」のセクションをご覧ください。

観察する試料は、バイオ試料もしくはバイオ研究に関連する幅広い範囲を対象とします。

Bio-SPM夏の学校では、これ等の先端Bio-SPMで研究を行っているNanoLSIのスタッフがインストラクターを務め、装置の操作方法や試料調製のノウハウも学ぶことができます。また、ご自身の試料の観察は、インストラクターとの共同研究として実施していただきます。

応募方法等詳しくは、Bio-SPM夏の学校ウェブページをご覧ください。

 ページ先頭へ戻る