金沢大学 ナノ生命科学研究所

NanoLSI公開セミナー「構造認識抗体の構造生物学と創薬に対する応用」を開催

3月20日(水)、金沢大学がん進展制御研究所4F会議室において、京都大学大学院医学研究科 分子細胞情報学分野の岩田 想先生をお招きして、Nano-LSI Open Seminar/がん進展制御研究所セミナーを開催しました。

セミナーでは、「構造認識抗体の構造生物学と創薬に対する応用」という演題で、GPCRに対する機能性抗体(アゴニスト、インバースアゴニスト)の作製事例や、がん特異的な膜タンパク質に対する抗体医薬への応用について講演していただき、大変有意義なセミナーとなりました。

セミナーには、20名以上の研究所内外の教職員や大学院生が参加し、活発な質疑応答や意見交換が行われました。

岩田 想 先生

 ページ先頭へ戻る