金沢大学 ナノ生命科学研究所

2022年3月1日~2日NanoLSI 第5回国際シンポジウムを開催します


金沢大学ナノ生命科学研究所 (NanoLSI) は,ナノ計測学,生命科学,超分子化学,数理計算科学の4分野の融合により,生命の誕生,老化,疾患などのさまざまな生命現象をナノレベルで根本的に理解することを目指しています。

本研究所では,融合研究のさらなる発展のため研究者と新たな協力関係を構築することを目的として,国際シンポジウムを毎年開催しております。今年で第5回を迎えるNanoLSIシンポジウムは、数理計算科学分野のPIであるAlexander Mikhailov教授とJr.PIの奥田覚准教授がオーガナイザーとなり、日本をはじめ、ヨーロッパ・アジアの研究者ともオンラインでつないで、Understanding Nanoscale Biological Processes in the Cellsをテーマにディスカッションを行います。

各分野の最新の研究成果に接する絶好の機会です。奮ってご参加ください。

 

■視聴サイトはこちら  NanoLSI第5回国際シンポジウム配信サイト

皆様のおかげをもちまして、盛況のうち閉会いたしました。

 

■日 時:2022年3月1日(火),2日(水)

■開催方式:オンライン(Zoom)

■言 語:英語

■受 付:登録はすでに終了しました。

■フライヤー: ダウンロード

■抄録集: ダウンロード

■プログラム:

March 1, 2022 / Day 1      3:00 PM – 7:00 PM (JST)

3:00 pm – 3:10 pm Opening remarks
     Takeshi Fukuma, Director of Nano Life Science Institute (WPI-NanoLSI), Kanazawa University
3:15 pm – 5:15 pm
  • Session 1    Theme:  Nanometrology

Chair     Noriyuki Kodera, Professor, WPI-NanoLSI

  1. Takeshi Fukuma (WPI-NanoLSI)
  2. Yanjun Zhang (WPI-NanoLSI)
  3. Lorena Redondo-Morata (Institut Pasteur de Lille)
  4. George R. Heath (University of Leeds)
5:15 pm – 5:30 pm
  •  Break
5:30 pm – 7:00 pm
  • Session 2  Theme:  Computational Science I

Chair     Alexander Mikhailov, Professor, WPI-NanoLSI

  1. Carsten Beta (University of Potsdam)
  2. Takashi Sumikama (PRESTO/WPI-NanoLSI)
  3. Holger Flechsig (WPI-NanoLSI)

March 2, 2022 / Day 2      3:00 PM – 6:45 PM (JST)

3:00 pm – 5:00 pm
  • Session 3  Theme:  Life Science

Chair   Rikinari Hanayama, Professor, WPI-NanoLSI

  1. Hiroshi Kawasaki (Kanazawa University)
  2. Makoto Sato (Kanazawa University)
  3. Takeshi Imai (Kyushu University)
  4. Hiroki R. Ueda (The University of Tokyo, RIKEN(BDR))
5:00 pm – 5:15 pm Break (15 min.)
5:15 pm – 6:45 pm
  • Session 4  Theme:  Computational Science II

Chair     Satoru Okuda, Associate Professor, WPI-NanoLSI

  1. Damien Hall (WPI-NanoLSI)
  2. Rakesh Das (National University of Singapore)
  3. Masashi Tachikawa (Kyoto University)
6:45 pm – 7:00 pm Closing remarks
     Alexander Mikhailov, Professor, Nano Life Science Institute, Kanazawa University

 

■抄録  こちらからご覧いただけます。

 ページ先頭へ戻る