金沢大学 ナノ生命科学研究所

4th NanoLSI Symposium(Online)

 

金沢大学ナノ生命科学研究所 (NanoLSI) は,ナノ計測学,生命科学,超分子化学,数理計算科学の4分野の融合により,生命の誕生,老化,疾患などのさまざまな生命現象をナノレベルで根本的に理解することを目指しています。

本研究所では,融合研究のさらなる発展のため研究者と新たな協力関係を構築することを目的として,国際シンポジウムを毎年開催しております。第4回となる今回は,新型コロナウイルス感染症終息の見通しがたたないことからオンラインでの開催となりましたが,ヴァーチャルだからこそ可能な研究交流を目指して,欧州・北米・アジアから著名な研究者を講師に招き,さらに,各セッションをスピーカーの所在地域の現地時間に合わせて開催することといたしました。

各分野の最新の研究成果に接する絶好の機会です。奮ってご参加ください。

 

■日 時:2020年11月26日(木),27日(金)

■開催方式:オンライン(Zoom)

■言 語:英語

■受 付:登録受付を終了しました。

■Time table:

11/26 Thu.
07:40 – 07:50 (JST) Opening remarks by Prof. Takeshi FUKUMA, Center Director of NanoLSI
08:00 – 10:00 (JST) 1st session

Molecular and cellular dynamics in biological regulation and regenerative medicine Chair: Prof. Kunio MATSUMOTO/ NanoLSI/CRI

10:00 – 11:00 (JST) Virtual poster session ※登録受付を終了しました。
13:30 – 15:30 (JST) 2nd session

Chemistry-Driven Challenges: from Molecule to Nano/Microscale Chair: Assoc. Prof. Satoshi ARAI/ NanoLSI

15:30 – 16:00 (JST) Video session #1
17:00 – 19:00 (JST) 3rd session

Nano-scale approaches to physiological and pathological phenomena Chair: Prof. Toshio ANDO/ NanoLSI

19:00 – 19:30 (JST) Video session #2
11/27 Fri.
10:00 – 12:00 (JST) 4th session

Imaging approaches to explore cancer biology Chair: Prof. Masanobu OSHIMA/ NanoLSI/CRI, Discusser: Prof. Etsuko KIYOKAWA/ Kanazawa Medical University

12:00 – 12:05 (JST) Closing remarks by Prof. Yoshihiro FUKUMORI, Administrative Director of NanoLSI

■プログラム:詳細はこちらからご覧ください。

■抄録集:こちらからダウンロードいただけます。(5.3MB)

 ページ先頭へ戻る