金沢大学 ナノ生命科学研究所

3rd NanoLSI Symposium at UBC in Vancouver – Supramolecular Chemistry and Nanoprobes in Life Sciences – を開催します

金沢大学ナノ生命科学研究所 (NanoLSI) は,ナノ計測学,生命科学,超分子化学,数理計算科学の4分野の融合により,生命の誕生,老化,疾患などのさまざまな生命現象をナノレベルで根本的に理解することを目指しています。

2018年11月にイギリス・ロンドンで開催した第2回国際シンポジウムに続いて,第3回目の開催となる今回は,カナダのブリティッシュコロンビア大学 (UBC)との連携を強化し,北米の研究者との新たな協力関係を構築することを目的として,バンクーバーでシンポジウムを開催いたします。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

※チラシはこちらからダウンロードいただけます。(1.2MB)

※抄録集はこちらからダウンロードいただけます。(4MB)

 

■日 時:2019年8月8日(木)

■開催場所:Chemistry (CHEM) – D300, The University of British Columbia (UBC)
2036 Main Mall, Vancouver, BC V6T 1Z1, Canada

■言 語:英語

■受 付:事前登録フォーム【締切:7月26日(金)】
7月26日以降のお申込みについては、所属機関・お名前を下記宛てにご連絡ください。
E-mail: nanolsi-office[at]adm.kanazawa-u.ac.jp
※[at]を@に置き換えてください。

※シンポジウムへのご参加は無料ですが,終了後の懇親会は会費(70カナダドル)を申し受けます。
会費は当日,受付に現金でお支払いください。クレジットカードはご利用いただけませんのでご了承ください。

■プログラム:

8:30 Registration

9:00 Opening remarks

9:10 福間 剛士 (NanoLSI)
Visualizing Subnanometer Structures at Nanobio-Interfaces by 2D & 3D-AFM

9:30 Sarah Burke (The University of British Columbia, Canada)
Chemistry atom-by-atom: Probing reactivity of surface-bound metal-terpyridine sites by STM and AFM

10:00 古寺 哲幸 (NanoLSI)
Video imaging of bio-molecule in action by high-speed atomic force microscopy

10:20 Break

10:35 高橋 康史 (NanoLSI)
Live cell functional imaging using scanning probe microscopy

10:55 淺川 雅 (NanoLSI)
Molecular-scale distribution and dynamics of host-guest complexes investigated by FM-AFM and HS-AFM

11:15 秋根 茂久(NanoLSI)
Design of new host molecules with open/close functions

11:35 Ramesh Jasti (University of Oregon, USA)
Carbon Nanohoops as New Biological Imaging Tools

12:05 Photo session

12:10 Lunch break *Places to eat

13:30 新井 敏 (NanoLSI)
Visualization and Control of Cellular Activities by Thermodynamic Engineering

13:50 Russ Algar (The University of British Columbia, Canada)
Not Everybody Dyes: Leveraging Quantum Dots and Other Luminescent Nanomaterials for New Opportunities in Bioanalysis

14:20 David Perrin (The University of British Columbia, Canada)
One-step 18F-labeling for PET Oncology

14:50 Break

15:05 Ratmir Derda (University of Alberta, Canada)
Genetically-Encoded Technologies for Discovery of Instructive Biomaterials

15:35 Amy Blum (McGill University, Canada)
Plasmonics with Viruses

16:05 松本 邦夫 (NanoLSI)
Macrocyclic Peptides Targeting HGF-MET

16:25 Break

16:40 奥田 覚 (NanoLSI)
Versatile modeling of three-dimensional multi-cellular dynamics: in-silico and in-vitro combined approach to self-organizing morphogenesis

17:00 戸田 聡 (NanoLSI)
Synthetic tissue formation: Programming multicellular self-organization

17:20 Wendell Lim (The University of California, San Francisco, USA)
Learning to program cellular machines

17:50 Closing remarks

18:30 Banquet at The Gallery Patio & Lounge (Level 4 in AMS Student Nest)

 

■その他

  • ご参加に際しての交通手段や宿泊,ビザ等につきましては,参加者各自でお手配及びご負担をお願いいたします。
  • 本シンポジウムの記録用として,スタッフが写真の撮影を行います。撮影に関して差支えがある場合はお申し出ください。撮影した写真は,ナノ生命科学研究所や金沢大学 のウェブサイト,SNSや報告書等で公開する予定です。

 

■主催・共催等

主催 金沢大学ナノ生命科学研究所(WPI-NanoLSI)
共催 The University of British Columbia (UBC)
金沢大学がん進展制御研究所
金沢大学新学術創成研究機構
後援 日本学術振興会サンフランシスコ研究連絡センター

 

■シンポジウム組織委員会
秋根 茂久 (NanoLSI) *Chair
Mark MacLachlan (UBC) *Co-Chair
平尾 敦 (NanoLSI)
華⼭ 力成 (NanoLSI)
古寺 哲幸 (NanoLSI)
淺川 雅 (NanoLSI)

 

■問い合わせ先

E-mail: nanolsi-office[at]adm.kanazawa-u.ac.jp
※[at]を@に置き換えてください。

 

■関連情報

ナノ⽣命科学研究所第2回国際シンポジウム

 ページ先頭へ戻る