金沢大学 ナノ生命科学研究所

金沢大学 ナノ生命科学研究所

「The 1st NanoLSI International Symposium - Towards Establishment of New Research Field: Nanoprobe Life Science-」を開催します

 平成29年度文部科学省「世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)」の採択を受けて設立されたナノ生命科学研究所(NanoLSI)は,ナノ計測学,生物学・医学・薬学,超分子化学,数理計算科学の4分野の融合により,生命の誕生,疾患,老化などのさまざまな生命現象をナノレベルで根本的に理解することを目指しています。
 このたび,本研究所の発足を記念し,下記のとおり第1回国際シンポジウムを開催します。
 本シンポジウムでは,本研究所について紹介するとともに,NanoLSIの4つの研究分野において著名な国内外の研究者を講演者としてお招きするほか,各分野の研究において中心的役割を担う主任研究者が研究内容を発表します。
 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

日時

2018年2月21日(水)~22日(木)

開催場所

日本科学未来館 7階
(東京都江東区青海2-3-6 新交通ゆりかもめ「船の科学館駅」から徒歩約5分/「テレコムセンター駅」から徒歩約4分)
・シンポジウム:未来館ホール
・ポスターセッション:水星・火星・金星ルーム
・懇親会:木星ルーム

言語

英語

対象

どなたでもご参加いただけます。

受付

事前登録はこちら
※シンポジウムへのご参加は無料ですが,終了後の懇親会は会費(6,000円)をいただきます。

プログラム

2月21日(水)
13:00 -
Opening Remarks
13:40 -
Session1 ナノ計測学:Visualizing structures and dynamics of biological systems
13:40 - 14:15 福間 剛士(NanoLSI)
High-resolution & 3D atomic force microscopy for visualizing nanobiointerfaces
14:15 - 14:50 安藤 敏夫(NanoLSI)
High-speed atomic force microscopy: Visualizing protein molecules in action
14:50 - 15:20 Yuri E. Korchev(Imperial College London, NanoLSI)
Nanopipette biosensors for single-cell analysis
15:20 -
Coffee Break
15:40 -
Session2 数理計算科学:Computing the structure and dynamics of biological molecules
15:40 - 16:05 Alexander S.Mikhailov(Fritz Haber Institute of the Max Planck Society, NanoLSI)
Dynamics of Biological Active Matter at Nanoscales: Theoretical approaches
16:05 - 16:30 Mikko Karttunen(Western University)
Designing molecules and deciphering their biological
functions with the aid of computer simulations, dream or reality?
16:30 -
Coffee Break
16:50 -
Poster Presentation
18:30 -
Banquet
2月22日(木)
09:00 -
Session3 生物学・医学・薬学:Dynamic Nanomachines and Nanomedicine
09:00 – 09:25 松本 邦夫(NanoLSI)
Growth Factor Signaling: Dynamics, Cancer, and Drug Discovery
09:25 – 09:50 難波 啓一(大阪大学)
Structures and dynamics of macromolecular motors revealed by electron cryomicroscopy and optical nanophotometry
09:50 - 10:15 Richard W. Wong(NanoLSI)
Spatiotemporal dynamics of the nuclear nanomachine – the nuclear pore complex
10:15 -
Coffee Break
10:35 -
Session4 超分子化学: New aspects of supramolecular chemistry
10:35 – 11:00 生越 友樹(NanoLSI)
Pillar[n]arenes:From simple molecular receptors to bulk supramolecular assemblies
11:00 – 11:25 Amar H. Flood(Indiana University)
Anion recognition: Capture, release, and selectivity in synthetic receptors
11:25 – 11:50 Mark J. MacLachlan(University of British Columbia, NanoLSI)
Supramolecular Chemistry with Macrocycles
11:50 -
Closing Remarks

主催・共催等

主催
金沢大学ナノ生命科学研究所(NanoLSI)
共催
金沢大学がん進展制御研究所
金沢大学新学術創成研究機構
金沢大学超然プロジェクト

Page Top